SP404(SX)でBoom Bapなフィンガードラムを演奏しよう。

イントロダクション

SP404(SX)はベロシティ(パッドを叩く強弱)がないため、フィンガードラムには向いていないと言われる時があります。どういうタッチでも同じボリュームの音が鳴ってしまうので、Jazzドラマーのようなリアリティあるフィンガードラム難しいかもしれません。そういったフィンガードラムで “演奏” を目指す方はMaschine MK3 シリーズをオススメします。

2021年11月、ベロシティ機能が搭載したSP404MK2が登場!

しかし、90年代HiphopのようなBoomBapなドラムを作るにはSP404でも全く問題なく作れますのでご安心を!

キック、スネア、ハイハットを準備

ドラム素材は下の段に準備することが多いです。上ネタは上のパッドに残しておきましょう。

Pad9 – Kick (キック)
Pad10 – Snare (スネア)
Pad11 – Hihat (ハイハット)

この3つで十分なのですが、

遊びを増やすためにPad7 – Snare Roll (スネアロール)を作っておきましょう。


作り方は
1) Pad10のスネアをPad5へコピー。
2) Pad5だけのスネアレベルを下げてソフトスネアを作る。
3) Pad5(ソフトスネア) → Pad10 (ラウドスネア) を鳴らしてロールを作る。
4) それを空いているPadにRecする。

下準備ができたら実際に演奏へと進みましょう。

フィンガードラム演奏!

これは少し練習しないと難しいかもしれませんが、何度もみてドラム音を頭に叩き込みましょう。

できない方、同じようなドラム音のある名作に耳を傾けて、イメトレしましょう。

J Dilla – Fuck the Police (prod. by J Dilla) 2000

Fuck The Police! こちらはスネアロールはありませんが、このシンプルなドラムループとベース音。ずっと首振れますね。

さて、名作に触れたところで、もう一度練習に戻ってきましょう。頭と手で覚えるよりも身体と耳で覚えた方が早いと思います!

【次回入荷時期未定 ご予約受付中】Roland SP-404MKII Creative Sampler and Effector
created by Rinker

今回の元ネタの動画はこちら。

  • Rather Unique [1995] | AZRather Unique [1995] | AZ
    1995年。脂がのりまくっていた当時のPete Rockの代表曲。Les McCann (レス マッキャン)の美しいピアノイントロからコード進行がバチっと入ったところをサンプリング。シンプルなワンループにもかかわらずずっと聴いていたくなるビート。Less is More!
    Read More
  • Matsuyama| From Scratch #1Matsuyama| From Scratch #1
    Matsuyamaさんにスタジオまで遊びにきてもらい撮影させて頂きました。梨泰院クラスのサントラからサンプリング。1時間足らずでソウルフルなビートが完成しました。最後はSP404SXでビートライブ!
    Read More